会社でやりたい仕事ができないときの解決方法

会社でやりたい仕事ができない時の解決方法

 

SPONSORED LINK

自分のやりたい仕事が理解できていることが前提

「会社でやりたい仕事ができない」と悩んでいる人はまず自分自身のやりたい仕事というのが明確になっているのかをあらためて自分に問い直してみてください。

「やりたい仕事はどんな業務内容なのか」

「なぜその仕事をやりたいと望んでいるのか」

「希望する仕事を進めるにあたり、どのような手順や方ほで成果を出すだろうか」

こういった質問に答えられるでしょうか。

こういった質問にきちんと答えられるのであれば、やりたい仕事が明確になっているのではないでしょうか。

反対に、これらの質問に答えることこもできずに、「会社で自分がやりたい仕事ができない」と嘆くのは見当違いです。

まだ希望する仕事が明確になっていないという方は、まずは希望する仕事を明確にしてから諸々の判断を行うようにしましょう。

自分のやりたい仕事が分かっているけれども、会社から任せてもらえない場合は以下のようなパターンがあるかと思います。

  • そもそも会社にやりたい仕事がない
  • やりたい仕事を任せてもらえないパターン
  • やりたい仕事に立候補ができないパターン

それぞれのパターンごとで対処方法をまとめていきました。

そもそも会社にやりたい仕事がない

そもそも会社にやりたい仕事がないというパターンの場合もまずは見極めが大切です。あなたが問題と感じていることはどうしようもなく我慢のならないことなのか、それともごく一部の仕事がやりたくない仕事に当てはまるだけなのでしょうか。

もし、あなたの担当業務の大部分が自分のやりたい仕事ではなく、会社にいても希望する仕事ができないようならすぐに転職する or 副業をすることをおすすめします

転職をおすすめする理由

今の時代は、圧倒的に売り手市場だからです。

というのも、リクルートによる調査を参考にすると、7年連続で求人倍率が上昇していて、現在は1.88倍になるようです。

求人倍率は求職者1人当たりに何件の求人があるかの指標であるため、現在のこの指標を参考にすると、1人あたり約2社の求人が当てはまることになります。
自分には関係のないことだと思うかもしれませんが、物事の流れを見る際に大局をつかむことは大切です。ミクロな視点とマクロな視点の両方で考える必要があり、マクロな視点のうちの1つの要素として、こうした求人倍率のような経済指標があるわけです。

会社でやりたい仕事を任せてもらえていないし、しかもこの先希望する仕事ができる機会もなさそうだというのであれば転職してしまいましょう。



副業したほうがよい理由

転職をするにも書類応募から面接、現在の会社での引き継ぎなど、現状から抜け出せるとはいえかなり手間や時間が必要になります。

そこで検討しておきたいのが副業をすることです。

会社では希望する仕事ができないと割り切って、副業としてやりたい仕事が行うことができます。
副業は始めるにあって、それほど手間がかからないので、今あなたが抱えている疑問や不満を短期間に改善できます。
副業といってもたくさん種類がありますが、職種に限らず仕事が掲載されているので、私はクラウドワービスがおすすめです。

私も副業として使っています。

クラウドワークスが稼げるのは本当だったって話




CrowdWorks(クラウドワークス)に登録する

副業と転職どちらが合っているのかよく検討して行動に移してみてください。

行動しない人は何も変えられませんが、行動すれば変化をうむことができます。

やりたい仕事を任せてもらえないパターン

前提としては、会社にやりたい仕事はあるという状態です。
会社にやりたい仕事があるにも関わらず、あなたに任せてもらえないというのは、仕事を割り振る上司や上司との関係性に原因があるからです。

そのため、上司が代わる可能性があるのかどうか、また代わる可能性があるなら短い期間に代わるのか、それとも代わるまでには時間を要するのかを検討する必要があります。

短い期間に上司が代わる可能性ありの場合

転職してしまうことでチャンスを逃してしまう可能性があるため、上司が代わった時のために今のうちに実績やスキルを磨いて、チャンスを待つようにしましょう。

なし or 上司が代わるまでに時間がかかる場合

転職する副業するかのどちらかを選択すると課題が解決できます
自分を犠牲にするのか、自己実現のための行動をとるのかで考えると行動できます。
ただし、転職をする場合は

転職期間 + 転職先でやりたい仕事ができるようになるまでの時間  >  現在の会社で上司が代わるまでの時間

の場合は転職しない方が賢明です。

転職しないという選択肢を選ぶことになった場合は副業で自分のやりたい仕事を探して、スキルアップしておきましょう。

転職先でやりたい仕事ができるようになるまでの時間については社内で信頼を得るまでの時間と考えることができるので、3ヶ月〜半年と考えてよいでしょう。




CrowdWorks(クラウドワークス)に登録する

やりたい仕事に立候補ができないパターン

会社にはやりたい仕事があるけれども、「他に優秀な社員がいるからその社員に任せられるのが目に見えていて立候補できない」という方もいるのではないでしょうか。

解決策としては大きく3つあります。

サポートに回ってチャンスを待つ

「待てば海路の日和あり」
ということわざがあるように、来るべきチャンスに備えて待つ作戦です。どのくらいの時間がかかるのか分からないというデメリットもありますが、反対にメリットもあります。
その優秀な社員がやっている業務や作業内容を見ておけば、自分に出番が回ってきたときに効率的に仕事を行えたり、しなくて良い余計な失敗を避けることができます。
つまり、成功確率を上げることができるというわけです。

あなたの性格と照らし合わせて待てると判断したらこの作戦をとると良いでしょう。

会社の仕組みがそもそも立候補制ではない

会社の仕組み的にそもそも立候補制ではない場合は我慢する or 転職する or 副業するの3つのうちどれかで自分のやりたい仕事を自ら取りに行くしかありません。

性格的に言い出せなくて希望する仕事に立候補できない

あなたの背中で語りましょう。

実績を出せばやりたい仕事があちらから自ずときます。
あなたのようなタイプの方は内に意識が向かっていく傾向にあるので、独自な視点や高い技術力を持っている傾向があります。
ものづくりの仕事であれば趣味と称して実際に成果物を作り出し、SNSで発信しましょう。
それを続けれることができれば会社内、会社外からも声がかかるようになります。

 

以上、やりたい仕事ができない時のパターン別解決方法でした。

SPONSORED LINK


こちらからシェアできます。
Top