転職で失敗しない方法

最近転職を考えている方へ、転職で失敗しないためのポイントをWebさんぽ流にお伝えします。

転職での失敗は誰も幸せになりません。

転職をした人も、受け入れた会社も、転職により人を失った会社も、そしてその家族も、だれしもが損をしてしまいます。

なので、なるべく転職は失敗しないための方法について考えました。

SPONSORED LINK

転職での失敗とは

想定していた仕事内容と違う

「転職前に想定していた仕事内容と全然違う!辞めたいなー」こんな、失敗パターンを聞いたことがありますよね。今いる会社から出るのが目的になってしまい、次に行く会社の要件を明確にしないまま転職してしまったが故に落ちいってしまうパターンです。

会社の雰囲気が合わない

仕事内容も完璧。給料もバッチリ。

でも会社の雰囲気がギスギスしていて働いていて充実感を覚えない。。

「面接のときはこんなに会社の雰囲気が悪いなんて思わなかった。」

というようなケースもあります。

会社側からすれば、人材が欲しいから採用活動をするわけなので、意識的に行なっているわけではないかもしれないですが社内を良く見せようとしてしまうものです。

面接などで会社を訪れる際は少し否定的にみるくらいがちょうどいいかもしれません。

SPONSORED LINK


どちらも実際は違ったというのが共通点

転職の失敗パターンをあげましたが、どちらも想定していたのとは実際が違ったというこうが原因です。

ではどうすればこのような働いてみたら想定とは違ったという失敗を避けられるのでしょうか。

副業でやってみる

Webさんぽは転職エージェントのプロではないので、Webさんぽ流になりますが、副業で転職希望先の仕事をやってみることが失敗を避けるための方法としておすすめです。

転職希望先の業界、または会社の仕事を副業でやってみる

もしあなたが転職を考えている業界の仕事が副業として体験できるのであれば、まずは小さく始めたほうが失敗の可能性をさげることができます。

つまり、副業として始めるということです。

小さく始めることで自分に合わないなと判断できる材料が揃えばそれはそれで意味のあった時間になりますし、わざわざ転職するまでもなく、気づけたことになるのでむしろ時間の無駄を削減できたと考えても良いでしょう。

また、反対に副業として実際に仕事や業務を始めてみたことで「この仕事は自分に向いているかもしれない」と気づけたのであれば、迷いなく転職することもできますし、転職せずに副業としてある程度形になるまでやってみるのもいいとです。

この場合は選択肢は選び放題です。

どのみち、実際に仕事をしてみることで自分に合っているのか合っていないのかを精度高く判断できます。

バイトでなければ副業のリスクも少ない

バイトを副業で行う場合、会社にバレてしまうリスクを伴います。

ですが、バイトでない副業であれば、リスクはありません。

会社にばれることはほぼないからです。

副業がバレない確定申告のやり方

リスクを取らないで副業をする方法

 

転職にもスムーズに移行できる

先ほども少し述べましたが、副業として転職希望先の仕事を行い、自分に合っていると感じた場合は迷いなくその仕事ができる会社、業界へ転職することができます。

迷いがないということは転職活動をスムーズに進める上でも重要になりますし、スピード感を持って行える要素になります。

なぜなら迷いがないので、いちいち志望理由で悩んだりすることはありませんし、何より体験して仕事の実情を知っているので他の求職者より抜きんでることができます。

他の求職者よりも抜きんでることができるのは転職市場においてそれだけで価値があることになります。

SPONSORED LINK


こちらからシェアできます。
Top