Webエンジニアの仕事内容とは

Webエンジニアの仕事内容とは
役に立ったらシェアお願いします!

Web業界へ転職しようとしている方へ、転職後はどのような職種になるのか迷っていませんか?

もし迷っているのであれば、Webエンジニアの仕事の概要を掴むためにもこの記事を読んでみてください。

SPONSORED LINK

Webエンジニアの仕事内容とは

エンジニアとは

よく「Webエンジニア」と聞くと、プログラムをする人のことというようにイメージをもつ人がいますが、それは一部分でしかありません。

そもそもエンジニアとは専門的な技術を持つ人のことの総称です。

ということは「Webエンジニア」とはWebに関するあらゆる専門性を持った人が当てはまります。

Webエンジニア職種一覧

先ほども言いましたが、「Webエンジニア」とはウェブに関する専門性を持った人たちのことを言います。つまり、プログラマーに限らず、デザイナーだってWebエンジニアに当てはまります。

この定義で行くと、Webエンジニアにはどういった職種の人が当てはまるのか、列挙してみます。

  • Webディレクター
  • Webプランナー
  • Webデザイナー
  • コーダー
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • システムエンジニア
  • データベースエンジニア

といったような職種がWebエンジニアに当てはまります。

SPONSORED LINK


Webエンジニアの仕事はウェブに関わる全て

職種も具体的にあげたので、仕事内容も想像がつきやすいのではないでしょうか。

例えば、1番想像つきやすいのが、Webサイトのコーディング。HTMLとかCSSとかJavaScriptとかを使ってWebサイトを作り上げる仕事。

今ならWordPress使って、Webサイトも作りますね。お知らせ投稿機能を実装したり、お客さんが投稿しやすいように管理画面のカスタマイズをしたり。ワードプレスであれば、PHPでの実装がメインになるかと思います。

また、サーバーの構築もあります。SSHでサーバーに接続して、必要なモジュールをインストールしていきます。
サーバーの監視もありますね。snmp、MRTG、monitあたりでサーバーの死活を監視する処理を常に走らせておきます。

このように、Webエンジニアの仕事は簡単に言うと、Web上にもの作るためのすべてをやると言えます。

Web業界への転職を考えている人は自分はどのような分野でエキスパートになっていきたいのかを考えて学習を進めておくことをおすすめします。

そうでないと、業界へ転職ごに自分の進むべき方向性が業務によって見失ってしまいます。

逆に、最初から自分の進むべき方向性がはっきりしている人は業界に入った後も迷うことなく、自分の技術を向上させていけます。


Webエンジニアの教科書
もし興味があれば、私がどのように教育業界からWeb業界へ転職したかを細かく書いた記事があるので読んでみてください。

テックアカデミーを受講して教育業界サラリーマンがIT業界に転職した話

 

SPONSORED LINK


Top