映画『天気の子』のみどころを先取りしちゃいます!

天気の子
SPONSORED LINK

2019年7月19日金曜日に新海誠さんの3年ぶりの新作映画「天気の子」が公開されます。そこで、みどころを中心に『天気の子』を先取りしちゃいます。

『天気の子』あらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」   高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、 怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。 彼女には、不思議な能力があった。

「ねぇ、今から晴れるよ」   少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。 それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――

天気という誰しもが普段接する普遍的なテーマと、天気を操るような少女や「あの日、わたしたちは世界の形を決定的に変えてしまったんだ」というような予告からもわかる非日常な世界観を新海さんがどうやって物語のなかで調和させているのかが楽しみです!

予報(予告)

『天気の子』のみどころ

映像の繊細さと新鮮さ

前作の『君の名は』でもそうでしたが、普段目にする東京をグラフィックに繊細に落とし込んで、そこにすこしアレンジを加えることでなんだかいつもの風景が美しく見えるというような新鮮さを覚えます。

『天気の子』でも扱うテーマは誰にとっても普遍的な「天気」です。見ている人が誰でも自分が普段見ている世界と重ねながら映画を楽しむことができるような作品になっているにちがいありません。

また、予報動画を見ると、天気を扱う映画ということもあって曇り空と太陽の光との対比が美しく描いてあるように感じます。これまでも光を繊細に扱った映像美が新海さんの映像の特徴のひとつでもあるので、その点もみどころの一つとなりそうです。

絶妙な距離感のセリフ

「君の名は?」というなんだか微妙な距離感を感じるけれども、近しい不思議なセリフが前作が大ヒットした要因のひとつになっていると思います。このセリフはストーリーの盛り上がりを見せるシーンでのセリフ。

本作でも見ている人に高揚感を湧かせてくれるようなシーン、セリフがあるに違いないでしょう。 主題歌の「愛にできることはまだあるかい」も野田さんの繊細さがあらわれているように思えます。主題歌と映画でのセリフの相乗効果が今から想像されてしまいます!

『天気の子』の声優は新人さん

声優はこのふたり。


森嶋帆高:醍醐虎汰朗
天野陽菜:森七菜

後醍醐さんは舞台『弱虫ペダル』に、一般公募オーディションで応募し、見事に主人公・小野田坂道役を勝ち取り、その公演の座長も勤めたことのある人物です。

森さんは映画『東京喰種トーキョーグール』や『地獄少女』(2019年秋公開予定)、テレビドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』に出演するなど最近活躍している女優さんです。ヒロイン天野陽菜役には2,000人以上のオーディション参加者がいましたが、その中から抜擢されたことを考えると、新海さんの中ではヒロインやくにぴったりだったということなのでしょう。

主題歌はRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」

またまた主題歌はRADWIMPS。新海さんが野田さんに『天気の子』の脚本を直接メールで連絡すると、それをもとに、野田さんが「愛にできることはまだあるかい」を書き下ろししたそうです。

気になる新曲は予報動画で使用されているのでまずはこちらから聞いてみてください。↓

https://youtu.be/rzKcrJ77wBY

一部歌詞   愛にできることはまだあるかい。   ぼくにできることはまだあるかい。

インタビューがありましたので、野田さんのキャラクターがそのまま出ている文を掲載しておきますね。

<RADWIMPSコメント> 今回、新海誠監督の『天気の子』で音楽監督を務めさせて頂きます、RADWIMPSです。 2017年の夏、不意に監督から「脚本を読んでもらえませんか?」というメールを頂きました。僕は「喜んで読ませて頂きます」と返事をしました。そこから僕たちの『天気の子』の物語が始まりました。 現在も鋭意制作中です。前作以上にストーリー作りの場にも参加させて頂き、強固なチームワークの中で作品作りができている喜びを感じています。恐らくそんじょそこらのカップルよりも頻繁に、毎日毎日新海さんとメールのやり取りをしながら作業を進めています。 新海監督は最初に仕事をした時と何も変わらず、誰よりもまっすぐに純粋に頑固に、時に不器用に作品と向き合っています。そして各セクションのスタッフが目下全力でそんな監督を支えています。再び新しい冒険をご一緒させて頂けることを誇りに思います。 たまに心折れそうにもなりますが、(劇中に登場する)帆高や陽菜の懸命さに負けないよう自分ももがきながら作っています。この映画を観てくださる皆さんの中に、晴れやかな気持ちが広がりますように。 ぜひ、楽しみにしていて下さい。

『天気の子』公式サイトより引用

新海誠さんのこれまでの作品

大ヒットした『君の名は』を含め、これまでの新海さんの作品を復習して、『天気の子』を楽しむ準備をしておきましょう!

あらすじも紹介しておいますので、気になった作品から見るといいと思います。

デビュー作となった短編アニメ『ほしのこえ』

2002年2月2日公開。
キャッチコピーは、
「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」

初の長編作品『雲のむこう、約束の場所』

『君の名は』と似ているシーンがあります。瀧くんと三葉が見えないけど感じるシーンとそっくりなシーンが見られます。もしかしたら原型なのかも。

『桜花抄』『コスモナウト』『秒速5センチメートル』

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。   そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。   貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。3本の連作アニメーション作品。

『星を追う子ども』

『言の葉の庭』

鮮烈なビジュアル表現と、観る者それぞれの心に染み入る物語表現で、国内外の若者に絶大な影響を与えてきた新海誠。そんな次世代のアニメーション監督が二〇一三年に新たなスタッフと送り出すのは、愛に至る以前の孤独 ——。 記号孤悲記号 の物語。現代の東京を舞台に初めて「恋の物語」を描く。

『君の名は。』


千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

「まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。」

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。

出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

『天気の子』関連サイト

公式サイト
https://www.tenkinoko.com/
関連書式公サイト
https://promo.kadokawa.co.jp/tenkinoko/
映画公開に先立って、7/18に小説が発売されるようです。 初回限定版特典として、

  • 書籍カバーの裏には、新海誠監督の直筆メッセージ&サインを印字!
  • スペシャルメッセージ動画が視聴できる!

があるそう。

初回限定版だから高いということもないようなので、早めの申し込みが鍵かも。

また、各書店ごとで特典が違うようです。例えば、TUTAYAで予約するとプレゼント、未来屋書店だと栞、ローソンだとポストカードなど。個人的には旭屋書店の特典付イラストカードが気になりますね。

あまりにも人気だと特典切れも起こりうる映画なので、早めに予約するに越したことはないですね。

補足情報

公開日:2019年7月19日(金) 原作・脚本・監督:新海誠 声の出演:醍醐虎汰朗 森七菜 キャラクターデザイン:田中将賀 作画監督:田村篤 美術監督:滝口比呂志 製作:「天気の子」製作委員会 制作プロデュース:STORY inc. 制作:コミックス・ウェーブ・フィルム 配給:東宝

SPONSORED LINK

こちらからシェアできます。
Top