マーケティングとは

お金と製品を交換
SPONSORED LINK

マーケティングとは売れる仕組み作り

マーケティングと聞いても何をもってマーケティングというのかわかりづらいですよね。マーケティングは経営そのものとも言われ、非常に複雑な概念です。

なので、まずはどういった概念なのか、全体像を掴んでマーケティングに対する理解を深めていってください。

 

マーケティングの父、フィリップ・コトラーはマーケティングの定義を下記のようなものだと定めています。

「マーケティングとは、充足されていないニーズや欲求を突きとめ、その重要性と潜在的な収益性を明確化・評価し、組織がもっとも貢献できる標的市場を選択したうえで、当該市場に最適な製品、サービス、プログラムを決定し、組織の全成員に顧客志向、顧客奉仕の姿勢を求めるビジネス上の機能である。」

また、現代経営学を築いたピーター・ドラッガーは

売り込み(selling)を不要にすること

をマーケティングの理想と言っています。

こういった様々な著名人の言葉を紐解いていき、マーケティングとは何かということを簡潔に表すと、

マーケティングとは売れ続ける仕組みを作ることだと言えます。

「マーケティング」とよく勘違いしてしまう概念が「販売」です。マーケティングと販売は明確に線引きがされていて、販売はすでに生産したものをいかにして売るかに焦点が向きますが、マーケティングは違います。

顧客を思考プロセスの起点にして、顧客が欲しいと思っているけどまだ満たされて居ないニーズに対してその課題解決となるような価値提供をすることがマーケティングでは重要になります。

このような概念を顧客志向と呼び、マーケティングの中心的な概念の一つです。

すでに作ったものを売るというプロセスではなく、作る前からマーケティング活動は始まり、欲しいと思っているけどまだそのニーズは満たされていない顧客の元へ価値を届けるのがマーケティングです。

顧客志向が企業活動の起点となり、組織全体の仕事に関わる

顧客志向では顧客を思考プロセスの最初に起き、その後のプロセスを進めます。

顧客 → チャネル → 提供物 → 投入 → 資産

というような順序です。

顧客志向とは対極にあるのが、古き日本企業の思考プロセスで<製品主導主義>になります。製品主導主義では顧客志向主義とはプロセスが異なり、下記のような思考プロセスを辿ります。

資産 → 投入 → 提供物 → チャネル → 顧客

このように、いまある資産をどのように活かし、その資産を活かして開発したサービス・製品をどのようなチャネルでどの顧客へ届けるかを策定する思考プロセスです。

 

現代では顧客は企業にとっても資産であると考え、顧客をマーケティング活動の起点とする考え方が主流にはなっています。

が、企業の意思決定をみると実情が伴っていない企業もしばしば見られます。

基本的な概念ですが、今後マーケティング活動を行なっていく上で様々な外的要因(同調圧力など)によりいつの間にか忘れてしまいかねないので、定期的にマーケティングの概念を振り返る時間を設けておくと本質をはずさないマーケティング活動を行なっていけるかと思います。

また、マーケティング活動はマーケティング部門だけの仕事と考えられてしまいがちですが、実際はそうではなく組織全体の仕事です。

なぜなら、マーケティングは販売とは概念的に異なり、サービス・製品の開発前からその活動が始まり、顧客に提供した後もその活動は続くものだからだす。

生産部門であれ、開発部門であれ、営業部門であれ、総務部門であれ、どの部門でもマーケティングを念頭に置いた仕事をする必要があります。

各部門がマーケティングを念頭に置いた仕事を行うことで、企業として一貫した価値提供を行うことができます。

はじめてのマーケティング (有斐閣ストゥディア)

SPONSORED LINK


こちらからシェアできます。
Top