『SNSマーケティング』という流行りものに左右されるのは愚か者はマーケターなんてやめちまえ。

SNSマーケティングをSNSアカウント運用と勘違いしているおばかさん

SNSマーケティングというと、企業のSNSアカウント運用とSNS広告のこと。

私自身、ちょっと前まではそんな風に思ってました。

SPONSORED LINK


SNSでできることなんて、投稿にハッシュタグつけて、絵文字使って目立たせて、画像使ってユーザーのエンゲージメント高めて。

なんてことを思いながら、企業のアカウントを運用して、フォロワーを増やすことをKPIにして、数字を追って、どんな投稿がいいのか、トレンド系なのか、専門的な投稿なのか、おもしろ系なのか、トライアンドエラーして。

こんな感じで運用していくのがSNSマーケティングだと思ってました。

 

普通に考えれば、SNSマーケティングの中の業務の一つにすぎないって気づきますよね。

SNSマーケティングとは、もっと広義で、時代的な背景を伴えば、今や最も主流なマーケティング手法とも言えるのではないでしょうか。

今や、SNSで物が売れる時代。

インスタグラムではショピング機能がリリースされ、商品の紹介とともにタグ付けすることで、ECページに直接遷移して商品を購入できます。

twitterではアマゾンのリンクを貼ったツイートすれば、アフィリエイト収入が得られます。

YouTubeでは有名You Tuberが文房具まで紹介するようになり、動画の企画によってはバカ売れするのも日常茶飯事だとか。

こじはるはこれまで築いたSNSアカウントのフォロワーたちとのコミュニケーションを通して、自身のブランドの土台を固め、ここ1年でブランド規模を10倍に成長させています。

これらはすべてSNSを活用して売り上げを上げている例です。

もはや、メインストリームであるSNS。

SNSマーケティングという手法として取り上げること自体がもしかするとナンセンスなのかもしれません。

UGC(『僕らはSNSでモノを買う』)を生む

「なにこれ、欲しい。」

SNSを見ててたまに自分自身で感じる言葉です。

知人が紹介しているサービスや商品を見て、「いいね」してしまう。

そのあと、サービス名を検索して、その商品について調べる。

こんな行動はすでに日常化しています。

 

このようなSNS上での購買行動の起点となるのがUGC。

ユーザー自身が生み出すコンテンツという意味です。

 

原典は『僕らはSNSでモノを買う』にて提唱されています。

SNSを活用したマーケティングの第一人者とも言えるであろう、飯高悠太さんの著書。SNSマーケティングでは世界レベルでデータを保有するホットリンク社に所属しています。

 

こちらで定義されたUGCはuser generate contentのことで、ユーザー自身が生み出すコンテンツのことを指します。

一人一人が何らかのSNSを利用しているのが当たり前。

そして、そのSNSは小さなメディアと呼ぶことができます。

そう考えると、世の中には個人メディアが星の数ほどある。

この個人メディアにいかにして取り上げてもらうかを考えるのが、SNSマーケティングの主流になりそうです。

なぜか。

その鍵はUGCです。

リアルでいう、口コミのようなもの。

SNS上で、ユーザー側から商品やサービスについて発信されるコンテンツのことです。

この影響力が、小さなメディアに関わらず、強いのです。

 

人の購買に与える影響でトップを占めるのは、友人や家族など身近な人からの紹介や推薦です。これはいつの時代も変わりません。

必ず、口コミが購買の意思決定に関わってくるものランキングでは3位以内にランクインします。

日常生活でも想像するのは容易です。

息子が母親に「あそこのケーキ屋さんのケーキ美味しそうだったから食べたい」と言えば、母親はそのお店が気になるものです。

そして、大多数の母親がそのケーキ屋さんでケーキを購入するでしょう。

このように、知人友人家族など近しい人間からの推薦は購買行動において強力な影響力を持っています。

 

それはSNSの世界でも同じです。

ツイッターで「〇〇がよかった!すごい!」と抽象的な表現のツイートであったとしても、友達が言っているのであれば気になるものです。

インスタグラムで、友達が「これいい!」と言っていた布団を買ってしまった経験があります。(うどん布団のやつ。)

コンセプトに魅せられてついつい買ってしまいました。

なぜ買ってしまったかと言えば、友達が力説しているからです。

理由はただそれだけ。

でも、友人の発信するコンテンツにはそれほどの影響力があるのです。

だからこそ、今の時代で物を売るにはUGCが大切になってくるのです。

結局はリアルへ回帰する

インターネットが発展して数十年が経ち、ここ数年、ユーザー側の疲れが感じられるのは私だけでしょうか。

一度訪れたWebサイトには数日間広告で追いかけられ(リマケ)、ページ遷移のたびに広告がポップアップで表示され、面白い記事だと思ったら記事広告で、検索結果はアフィリエイト記事に埋め尽くされている。

こんな状況にユーザー側は疲弊しています。

便利 < うざい という状態がだんだんと近づいているように感じられてなりません。グーグルさんどうするの?

だから何かというと、だからこそ、今リアルへの回帰が随所で見られるということです。

結局、みんな現実世界の方が信頼できるということ。

もちろん、趣味のことや自己表現はネットの活用は進んでおり、仮想世界での仮想生活も表現レベルが格段にあがってます。

Vtuberは自分の部屋を仮想世界に作って、他のユーザーと生活しているわけであって、もうSF小説の世界に一歩足を踏み入れています。

そういった意味ではテクノロジーは進歩していて、もちろんその一部はネットな訳です。

でも、日常生活レベルでの情報はSNSでもある程度規模感が定まってきています。

その一つがSNSのアカウントのフォロワー数。

ツイッターのアカウントをいくつか併用している人はいないですか?

プライベート用と趣味用のアカウントというように。

プライベートのアカウントは鍵をつけてフォロワーもせいぜい数百人レベル。

趣味のアカウントは数百人〜数万人というように、用途を分けて運用しているケースが目立ちます。

かくいう自分もそのひとりです。

プライベートなアカウントは数百人規模のフォロワーです。

絡む人も一部のユーザーのみです。

ツイッターユーザーの9割は300人以下のフォロワーだそうです。

つまり、自分が普段の生活で少し頑張れば会うことができる知人たちだけの世界を持ち、そこを自分の起点として、確固たるものと認知しています。

そして、そのアカウントで流れる情報はいわば自分の信頼のおける情報しかないので、知人友人が良いと言っているものは良いものだろうと感じるわけです。

SNSの世界でも、自分が定期的に関わりを持てる範囲に限界が見え始めてきて、それがリアルでの影響範囲とほぼ同様だということです。

インターネットを存分に活用して、情報を得て、生活に活かすなんてのはごく一部の人だけです。

大多数の人は、自分が今までに会った人たちの発言を情報元にして、それらをもとに意思決定していくわけです。

 

いわゆる、小さなネットワーク、小さなコミュニティが肝なのです。

現実世界で会った人とSNSでやり取りをしているにすぎないわけです。

本質を忘れるべからず

本質は人との関わり。

これに戻ります。

SNSマーケティングだからといって、SNS広告で数字を前にクリエイティブを考えたところで成果が出るわけがないです。

画面の向こうには1人の人間がいて、その広告を見て個々人が感じることがあるわけです。

そのことを決して忘れてはいけないです。

得てしてマーケターはコンバージョンがどうとか、CPAがどうとかという話になりがち。

確かに、数字で語れないマーケターは顧客からの信頼を得られないのも事実です。

ただ、その数字の前には1人の人間がいて、その人間が数字の“1”を生んでいることを忘れた時はマーケターとして失格です。

ということで、ネットといえど、そこには目に見えない回線があって、それを通して1人の人間と繋がっているということを常に頭においておきたい。

 

SPONSORED LINK


こちらからシェアできます。
Top